ばね指 原因 治療 症状

ばね指の症状の原因と治療法

スポンサーリンク

あなたは、ばね指とは何かご存知ですか?
ばね指は何かが原因して指の腱にある屈筋腱に異常が生じて起こる症状を指します。
屈筋腱とは、指を曲げる際に必要となる腱のことを指しますが、ばね指はこの屈筋腱に腱鞘炎が起こることが原因となり、発症します。
腱鞘炎とは腱鞘内で炎症が起こる状態を指します。
さて、このばね指が発症する原因ですが、主に腱の使いすぎが挙げられます。
スポーツや手芸・編み物などで指を良く使う仕事に就いている方がよくかかる傾向があります。
また、更年期の女性や妊娠初期、出産後の女性、糖尿病、透析、リウマチ患者にも多く見られ、体質的な要素も原因しているとみなされています。
これは筋力低下や骨粗鬆症、ホルモンのバランスの変化等が原因となり、身体が構造上弱くなりがちなため、腱鞘や腱にも痛みが現れやすくなってくるためなのです。
例えば、妊娠出産期の女性は、ホルモンバランスの変化に見舞われやすく、また出産後には乳幼児を抱く機会が多いため、指にも負担がかかり、ばね指を起こします。
このばね指には、指が曲がったまま、伸ばせなくなる、指を曲げ伸ばそうとすると痛みを感じる、手を抑えると痛みを感じたり、手の平に腫れがある、などの症状が挙げられます。
そしてばね指の治療法には、現在次のような方法が用いられています。
保存的治療法
・指の使用をなるべく避けるようにする。
・副木を当てて一時的に固定させる。
・腱鞘内ステロイド注射をして症状を抑える。
・温熱療法を用いる。

これらの治療は基本的に現在の症状を悪化させないようにするのが大きな目的となります。
ですが、この保存的治療法で効果が現れない場合には、手術治療法を用いることになります。

スポンサーリンク

手術治療法
ばね指の手術治療法では基本的に腱鞘の切開手術が行われます。
手術時には局所麻酔を行い、皮膚切開をして腱鞘内の腫瘤を取ったり、屈筋腱の癒着があれば、全て剥がして正常な状態へ戻します。
このばね指の手術は近年の医療技術の進化により、15分程度で終わり、日帰り手術も可能になってきました。
医療保険が適用になるケースも中にはありますので、詳しいことは問い合わせてみましょう。
また、ばね指は進行レベルにより、治療方法が異なり、症状が悪化すると手術以外には回復することが難しくなる場合がありますので普段から注意していくことが大切です。
このばね指を悪化させないためには筋肉の緊張状態をなるべく緩和させる努力が必要となります。
具体的には、肩こりが起きているのは身体の中心が緊張している状態であり、それに連れて指先の筋肉も緊張するようになります。
指先の筋肉が緊張するとばね指になる確率も高くなるのです。
ですのでこの肩こりや首のこりを少しずつ楽にしていくことが大事なのです。
この肩こり、首こりはデスクワークで普段から猫背気味な状態で長時間パソコンに向かっている方や読書やスマホの画面を長時間うつむいた姿勢で見ている事が原因しています。
このような猫背の姿勢で長時間いるとストレートネックや頭部前方位姿勢になりがちです。
このストレートネックもばね指の要因の一つになっているのです。
ですので、普段から姿勢に注意する、パソコンの作業の合間に休憩時間を入れてストレッチ体操を行う、ウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動を普段から取り入れ、体全体の血行を良くしていく事が大切です。
このサイトでは、ばね指の症状の原因と治療法について、詳しく解説しています。
参考になりますので、ぜひ読み進めてみてくださいね!

ばね指は辛い症状ですが、自分なりに解消法や予防策を見つけて元の健康な状態に戻して行きましょう!
大丈夫、きっと戻れますよ!

スポンサーリンク