ばね指 テーピング 薬指

薬指がばね指になった場合のテーピングの必要性について

スポンサーリンク

指には骨と筋肉があり、指を曲げるための関節があります。
指を曲げる時、人間の体にはどのような力が働いているのでしょうか。
指を曲げるには、筋肉の力を指に伝えることが大切です。
この時、活躍してくれるのが腱と呼ばれる部分です。
腱は、指の先端から始まり、手首を通って、前腕の筋肉と一緒になります。
腱は、腱鞘と呼ばれるトンネルの中を通っています。
しかし、腱と腱鞘の部分に炎症が起きてしまうと、腱が腱鞘の中を滑ることができず、ばね症状と呼ばれる「引っかかり」が生じてしまいます。
これがばね指と呼ばれる腱鞘炎です。
ばね指を発症すると、指をうまく曲げられなかったり、伸ばすことが出来なくなります。
また、炎症を起こしているため、指や指周辺の筋肉に痛みがでます。
腱鞘炎にはもう一つ、ドケルバンと呼ばれる腱鞘炎がありますが、これは手首の親指側が痛むものです。
ばね指の場合は特定の部位だけが痛むわけではなく、中指や薬指、どの指でも発症する可能性があります。

スポンサーリンク

ばね指を発症する原因は、大きく分けて二つあります。
一つ目は、ホルモンのバランスの乱れによって起きるものです。
これは中高年の女性に多く、エストロゲンが減少してしまうと腱鞘炎を発生しやすいと言われています。
また、若い女性でも長時間赤ちゃんを抱っこすることで、関節部分に痛みが生じ、腱鞘炎を発症することがあります。
二つ目は、指の使いすぎです。
パソコンやスマートフォン、ゲームなどで日頃から指を酷使していると、ばね指を発症してしまいます。
特にタイピングの場合は、中指や薬指などすべての指を酷使するため、注意が必要です。
また、最近ではスマートフォンでも両手打ちをする人が増えてきています。
これらも長時間、指や手を酷使することで腱鞘炎を発症してしまう可能性があります。
薬指がばね指を発症してしまった場合、タイピングがうまくできないだけではなく、日常生活に支障をきたしてしまいます。
そのため、発症してしまったらすぐにテーピングをすることが大切です。
テーピングをすると患部が固定されるため、炎症の悪化をふせぐことができます。
また、サポーターも同じ様に患部を固定してくれますが、テーピングの方が使用している間も関節を動かしやすいため、おすすめです。

スポンサーリンク