ばね指 手術後 リハビリ

ばね指の手術後のリハビリについて

スポンサーリンク

ばね指を治療するときには、外科的な手術が必要になることがあります。
手術後にはリハビリが行われるようになっています。
この手術後のリハビリに関しては、ばね指の治療に大きく関わってくるようになっているので、しっかりと理解をしておくようにします。
手術後のリハビリに関しては非常に重要な要素を占めているということになりますが、それはなぜなのかというと、ばね指の症状がある場合には、長い間指の運動が阻害されたり制限されているということで、この部分の筋肉や腱という部分が弱くなっているということが考えられているからです。
したがって治療を行った後に安静にしているだけでは症状が改善されるということはありません。
逆に安静にしすぎることで固まって動きにくくなったりしてしまいます。
このほかには間接そのものの拘縮が見られることもあります。
このような症状が発生する可能性があるので、手術を行ったとはしっかりと医師の指示に従うようにします。

スポンサーリンク

ばね指の治療に関しては、手術を行った翌日からすぐにリハビリ運動が行われるようになっています。
具体的にはどのようにして進められている丘というと、切った部分がしっかりと合わさるまでは、軽い指の運動にしておくようにします。
また3度以上という症状が発生していた場合には、完全に指を曲げたり伸ばしたりというような運動ができるまで、3ヶ月程度の期間が必要であると考えておきます。
したがってこの期間はしっかりと運動を続けることが必要になります。
手術を行った後にリハビリを行う場合には、専用の医療機器を使いながら実施していくというような方法もあります。
治療院などではどのようなものが使われているのかというと、渦流浴というものがあります。
これは水流を使った方法となります。
指の関節を動かせる範囲を広げて、少しずつ運動量を増やしていくということが大切になります。
無理をしすぎると逆に痛みが発生してしまうこともあるので、ゆっくりと進めることが基本です。

スポンサーリンク