ばね指 手術後 痛み

ばね指の手術後の痛みについて

スポンサーリンク

さまざまな仕事がある中で、指をたくさん使うというような仕事をしている人が少なくありません。
パソコンなどを使ってデスクワークをしているというような人がいますが、この場合にも毎日たくさんの指を使うようになっています。
この影響が体に現れることがあります。
その代表的なものがばね指となっています。
ばね指は必ずしも力仕事で発生するというものではありません。
パソコンのタイピングによって発症することもあります。
このほかに考えられる原因としては、ゴルフの練習をやりすぎることで症状が現れることがあります。
最近とくに増えてきているのがスマートフォンになります。
したがってすべての人にばね指が発症する可能性があると考えることができます。
そのまま放っておくと治るということはなく、しっかりと治療をしなければいけません。
生活に支障がある場合には、手術をしなければいけないこともあるので注意が必要です。
手術を行って治療が行われるようになっていますが、腱鞘といわれる部分を切開します。

スポンサーリンク

手術では、腱鞘といわれる部分を着るということが行われていますが、内視鏡背手術を行うこともできます。
腱鞘を切開する場合には、局所麻酔を行って1センチメートル程度皮膚を切開するようになっています。
内視鏡手術の場合には、小さな傷口で短時間で施術を行うことができます。
手術後はすぐに普通の生活に戻ることができます。
しかし内視鏡を使った手術の場合には、症状が重い場合には行うことができません。
気になるのが手術後の痛みなどの後遺症です。
手術後の痛みなどの後遺症に関しては、全くないとは言えませんが、痛みがあったり違和感があると感じる人がいます。
その期間は数ヶ月であったり1年程度続くという人もいます。
しかしばね指の症状は改善されるようになっています。
手術後にはリハビリをしなければいけません。
医療機関では効果的なリハビリが行われています。
手術に関しては、内視鏡の場合には平均で約10分程度となっています。
保険適用となっているので、費用は1万円前後となっています。

スポンサーリンク