ばね指 手術 保険

ばね指の手術と保険について

スポンサーリンク

ばね指という症状があります。
この場合治療の際に手術が行われることがありますが、ここでは手術を行うことを考えている場合、一定の知識を頭に入れておくようにします。
ばね指の手術に関しては、基本的な外科的手術の中では簡単に短時間で終了する簡単な手術となっています。
しかし必ずしも100パーセント成功するとは言い切れません。
何があるかわからないので、事前に同意書へサインをしなければいけません。
このほかには血液検査が行われたり、尿検査が行われるようになっています。
このようなことを事前に行ってしっかりと準備をしておくようにします。
ここで行われている血液検査に関しては、感染症があるかないかなどの確認をすることが目的となっています。
ここで血液感染検査が行われることもありますが、この検査に関しては保険適用外となっているのでしっかりと理解をしておきます。
このように流れを把握しておくと、心配や不安を緩和させることができます。

スポンサーリンク

ばね指の治療に関しては、症状の進行状況によって判断されるようになっています。
ここで基本的には進行レベルが2以上という段階で、手術が行われるようになっています。
しかし初期段階であると判断された場合には、保存療法が行われるようになっています。
治療の際にはどのくらいの費用が必要になるのかが気になりますが、一部の血液検査費用を除くと保険の適用となるのが一般的となっています。
したがって実際に必要な費用に関しては、施術や局所麻酔や事前検査や処方薬の費用となっています。
施術に関して約2万円となっており、ここにその他の費用が加えられてすべてで2万5000円から3万円となっています。
しかし実際に患者が負担をしなければいけないのは、保険が適用となるので3割負担で7500円から8500円程度となっています。
また施術に関しては大がかりなものではありません。
日帰りも可能となっているので、事前に医師に時間帯や費用に関して確認をしておくようにします。

スポンサーリンク