ばね指 テーピング 中指 巻き方

中指や母指に多いばね指のテーピングの巻き方

スポンサーリンク

ばね指とは、その状態になったことのない者にとっては、耳慣れないものです。
しかし、周囲に耳を傾けてみますと、わりと経験者のいることに気づきます。
ばね指は、弾発指ともいわれます。
指は腱によって屈伸することができます。
手を握るときには強い力が屈筋腱にかかります。
その際に、腱が浮き上がるのを防ぐために、靭帯性腱鞘というものがあります。
指を曲げるときに、ふつう一番力がかかるのは、指の付け根あたりです。
この部位は、中手指節間関節・MP関節といいます。
ばね指の症状は、このMP関節の部分で、屈筋腱と腱鞘の間で炎症が起きることによって出現します。
腱鞘を腱がスムーズに通らなくなり、通過障害が起こります。
MP関節部に腫れや、痛み、熱感を感じるようになります。
指を曲げた際、今度は伸ばそうとしても、腱が引っ掛かり、指がスムーズに伸びなくなります。
プッキンと弾かれたように段階を経て指が伸展します。
ひどい場合は、曲がったまま伸びなくなることもあります。

スポンサーリンク

症状は初期は起床時だけのことも多いです。
更年期の女性に多いとされますが、それ以外の年齢、男性にも起こり得ます。
指の使い過ぎによることが、原因です。
母指、中指に多く、どの指にも発症します。
治療法は、局所の安静、ステロイド注射、手術です。
まず第一選択としては、局所の安静が大切です。
しかしながら、患者は指がスムーズに屈伸できないものですから、余計に動かそうとしてしまいます。
その根本的な思い違いを払拭してから、局所の安静をはかるべきです。
局所の安静とは、使う頻度を減らすことです。
しかし、よく使うからこそばね指になったわけです。
急に今までしていたことを、止めれるなら良いのですが、そうもいかないこともあります。
そんなときには、テーピングが有効です。
テーピングの巻き方は、指が曲がらないように巻きます。
簡単なテーピングの巻き方は、中指などは、近位指節間関節を曲がらないように環状に巻くだけです。
もう少し高度な巻き方は、指を伸展した状態で背側に張力を掛けて貼ります。
それを押さえるように、環状に巻きます。

中指以外の母指は母指掌側から指節間関節をひっかけて背側で交差させるやり方も良いです。

スポンサーリンク